俺的映画生活日記


サハラ 死の砂漠を脱出せよ

a0047953_1352536.jpg

サハラ 死の砂漠を脱出せよ





この映画は、今年の6月ごろ平日に観ました。

平日に映画が観れればなんでも良かったので

映画館に行って時間の合う映画を探して観たのがこの映画です。

内容も知らず、ポスターだけを観て

近未来のSFの話だと勘違いして観ました(笑)

内容は、海を調査しているアメリカの政府機関で働いている主人公が

金塊を積んだまま姿を消した船の伝説を解き明かそうとするところから始まります。

船か遺跡を調査していた主人公は、伝説の船の手がかりを見つけます。

伝説の船があると信じ、内戦の続く国に入って行きます。

この国では、奇病も流行っていたり、民族紛争があったりと

盛りだくさんの内容です。

しかし、最終的に奇病も民族紛争も金塊も全部ひっくるめて

ハッピーエンドに終わります。

何も考えずに単純に楽しめる作品だと思います。

機会があったら是非!
[PR]
# by uesama0081 | 2005-11-29 13:52 | 映画館で観た映画


ハリー・ポッターと炎のゴブレット

a0047953_1285029.jpg

ハリー・ポッターと炎のゴブレット





原作の中では一番好きなお話です。

前作の「アズカバンの囚人」もスキでしたが

映画はちょっと退屈な感じでした。

今回は、メインの話は、「三大魔法学校対抗試合」ですが

クィディッチワールドカップが開かれるなど

魔法界の二大イベントがあります。

映画では、クィディッチワールドカップの話は、ほとんど有りません。

ちょっと残念ですが、あくまでもメインは「三大魔法学校対抗試合」なので

限られた時間内に収めるには、これも仕方の無いことなのでしょう。

原作では、結構じっくり書かれていた気がするのですが・・・・。

色々な人種の魔法使いと、種類の魔法が楽しそうだった印象があります。

三大魔法学校対抗試合とは、ホグワーツ以外の二つの魔法学校の試合です。

それぞれの学校から代表を一名選び、三つの競技を行い

その成績で優勝者を決めます。

この試合に優勝すると「永久の栄光」が手に入るらしいです。

この試合は、大変危険で死の危険すらあるので

参加は17歳以上と決められています。

このため、ハリー(13歳)は参加できないはずなのですが・・・・。
(ハリー役のラドクリフは、17歳なので、どう見ても良い青年って感じですが)

今回のハリー・ポッターは見所が盛りだくさんで、全く退屈しません。

私は、買ったコーヒーを途中で、飲み忘れるくらい引き込まれました。

内容に付いては、CMで言っていることくらいしか触れませんが

是非、劇場で観てもらいたい一作です。

今まで、見たこと無い人でも十分楽しめると思います。

是非!鑑賞してくださいっ!!
[PR]
# by uesama0081 | 2005-11-28 12:09 | 映画館で観た映画


最後の恋のはじめ方

a0047953_11255735.jpg


最後の恋のはじめ方



ラブコメディですっ!

他人の恋をプロデュースする主人公(ウィル・スミス)が

様々な恋愛テクニックを駆使して

他人の恋を助けます。時には、依頼人の近くでサポートもします。

スミスは、恋の成功報酬も貰って生活しているわけです。

スミスは、依頼を受けるとまず、その相手を調べます。

犬が好き、猫が好き、水が嫌いなど。。。相手の好みの下調べを完璧に行い

全てを計画し、さも全てが偶然であるかのように、依頼者に振舞わせます。

そして、恋の成就したら。そこで、彼の仕事は終了。

その後は、依頼者の気持ちと相手の気持ち次第というわけです。

スミスは、依頼者にだけ連絡先を教えます。広告を題したりはしません。

その依頼者が誰かに紹介し次の依頼者へ・・・。このように口コミで、広がっていくわけです。

ある程度有名になってくると、都市伝説のように

噂が広がります。「この町に恋のプロデュースをする男がいる」と

この噂に目を付けたのがゴシップ新聞記者のエヴァ・メンデス。

彼女は、何とかスミスを見つけ出し

取材を使用とします。

二人は、徐々に惹かれあいます。。。

他人の恋にはプロなのに自分の恋はうまく行かない

スミスとエヴァの恋が始まります。

本当の恋に目覚めたスミスはどのような行動を取るでしょう?

さぁ DVDで確認を!
[PR]
# by uesama0081 | 2005-11-25 11:26 | 映画館で観た映画


バットマン・ビギンズ

a0047953_1352369.jpg


バットマン・ビギンズ





これまでのバットマンシリーズとは一線を画す作品です。

どこが違うのか、それはなかなか、言い表すことが出来ませんが

強いて言うなら、今までのは適当で、この作品で本気を出した!

そんな感じです。今までのが悪いわけでは、決してありませんが

今回の作品が良すぎるのかもしれません。

しっかりと作りこまれた感じがします。そして、今までに無く心に残ります。

内容は、タイトルの通り、バットマンになる過程が描かれています。

バットマンの映画シリーズを観ているとなぜ?と思うところがあると思いますが

それを、幾つか解決してくれます。

バットモービルなどの兵器はどこで作られたのか?

なぜ、富豪があんなことをしているのか?

なぜ、あんなに強いのか?etc....

このような疑問は、一挙解決です!

強くなる過程での心の変化は、ぐっと来ます。

そして、バットマンも最初は普通の人間であったことが

分かり親近感の様な物も感じられるのでは無いでしょうか?

ストーリーも良いのですが

出演者もなかなかです。リーアム・ニーソンが

良い感じだと思います!

バットマン・フォーエバーやMr.フリーズの逆襲ほど豪華ではない気がしますが

配役のおかげで内容に厚みや重さが出ている気がします。


さぁ バットマンシリーズ最高傑作を観ましょうっ!!

DVDは、発売されているので興味のある方はご購入を!!
[PR]
# by uesama0081 | 2005-11-24 13:05 | 映画館で観た映画


ダニー・ザ・ドック

a0047953_1501172.jpg

ダニー・ザ・ドック



この映画では、意外なジェット・リーを見ることが出来ます。

どこが意外なのか。それはジェット・リーがちょっとカワイイ♪

リーは、幼い頃に誘拐され殺人マシーンとして育てられ

犬として飼われています。

殺人以外は何も教えられていないため

リーの心は、子供と同じです。とても無邪気な少年!

そんな感じが伝わってきます。この演技は凄いと思いました。

リーは、首輪をつけているのですが、この首輪をはずすと

殺人マシーンなり、飼い主が命じるままに、超人的な技で人を殺します。

そして、再び首輪が付けられると無邪気な少年に戻るのです。。。

そんなリーがある時、飼い主に命じられた命令を無視してしまいます。

それは、ピアノの音色に心を奪われたから。

何にも心を奪われなかったリーが、なぜかピアノの音色に心を奪われた。。。

このおかげで、飼い主は、瀕死の重傷をおってしまいます。

怒った飼い主は、リーを殺そうとするのですが・・・。

運良く事故に巻き込まれ、リーだけがほぼ無傷で生き残り

飼い主の元から逃げ出します。

そして、リーの心を奪ったピアノを弾いていた

盲目の調律しモーガン・フリーマンの家に転がり込むのです。

この家で、リーは人間の心と教養を身に付けていくのですが・・・・。


いつもと違ったリーの演技と

いつも通りのリーの格闘アクションを

是非、観てください!
[PR]
# by uesama0081 | 2005-11-22 15:01 | 映画館で観た映画

    

オレが観た映画
by uesama0081
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30